上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
睡眠不足と気候の変化からか風邪ぎみの桜チャンですΣ(´□`;)
子供達にうつさんようにせんと・・・。


りねはお昼にちょこっと。
なんとなく想うことがあり、夢幻へいってきました。
出稼ぎやら中華やらがいないころはよく行っていたのですが、最近はほとんどご無沙汰だったのでなかなか新鮮。

1時間ほどでしたがENDはなし。

20051013(01).jpg

レアはZEL2枚とDAI1枚。
やっぱ経験以外はうまいですね。


ここからは私的な記事です。
あまり面白くもないし、暗い話になると思うので読み飛ばしてもらってかまいませんw
想いのままに書き綴ったものなので、内容もなにもあったものではありませんし。
てか自分でも読み返してみても、なに書いてるのか意味不明な感じですので(ノ▽`)

ただ心にたまったものを吐き出したくて、そうしないとどうにかなってしまいそうで、どうも今なんとなく不安定な状態です。
まぁ基本はポジティブ思考なので、しばらくすれば治るでしょう。



今朝久しぶりに祖母の夢を見ました。
内容はあまり覚えてないのですが、目が覚めたとき懐かしくて、寂しくて、なんともいえない感情にとらわれました。

今日は仕事をしているとき、誰かと話しているとき、そんなときでもふとしたことで祖母のことを思い出してしまって、涙が出そうになるのを必死に抑えていました。


祖母が亡くなったのは今年の5/24、5ヶ月ほど前です。

私は俗に言うおばぁちゃんっ子でした。
両親よりも祖父母、特に祖母になついていました。

うちは3人姉妹で、私は真ん中。
衣服などは基本的に姉のお下がり。
でも妹は私のお下がりを着ることほとんどありません。
まぁ姉と私が着古せば結構服もぼろくなるわけで、それを妹に着せるというのはさすがにかわいそうということなのでしょうが。
子供心にそれを納得しろというのはさすがに無理があるわけで、姉も妹も新しいものなのになぜ私だけいつも姉のお古なのかと両親とよく喧嘩をしました。
すると我がまま言うなと言われる。
たまに新しいものを買ってもらえることもあったのですが、しばらくすると結構な確立で妹がそれをほしいと言う。
拒絶すると、姉は私にお下がりを上げているのに、なぜ私は妹に上げないのかと怒られる。
そりゃ私はほとんど姉のお下がりですから、姉からもらっているといえばそうなんですけど、それは姉が要らなくなったものであって、別段私のほしいものではありません。
それに私よりも妹の方がいろいろと買ってもらっているわけですから、やっぱり両親に反発してしまうわけです。
まぁおかげで必要最低限のもの以外の物欲はなくなりましたけどね。

両親にとっては私はどうもわがままで扱いにくいと認識されたようで、子供心に微妙に距離を置かれてるなと感じていました。
今でも両親とは微妙な関係ですが、姉妹仲は良好です。

そんなこともあり、私は両親よりも祖父母を頼りにするようになりました。
つらいことがあったときでも祖母に励ましてもらえると、ふしぎと元気が出てきました。

高校生のころ両親といろいろといさかいがあり、家に居ることが苦痛に感じ、寮住まいの友人の所に泊り込んでいました。
ほとんど家に帰らないような状態が続いたときでも、祖母は電話や手紙で私のことを心配しながらずっと励ましてくれました。

専門学校へ入り、1人暮らしを始めたときも祖母はいろいろと援助をしてくれました。
物質的なことはもとより、精神的にも支えになってくれました。

仕事に関しても、私が保育士になれたのは祖母がいろいろとアドバイスをくれたおかげだといえます。

けれど亡くなる半年ほど前に祖母は3度目の脳梗塞で倒れ、完全に寝たきりになってしまいました。
そして自力では動くことも、口で食事をすることもできなくなり、おなかに穴を開けそこに管を通し、点滴のような感じで食事と水分を補給している状態でした。
体もどんどんやせ衰え、本当に骨と皮だけというような感じでした。
話をすることもほとんどできず、ただうめくように声を出すだけ。
手を握り締めてもほとんど反応もありません。

そして、亡くなる2日ほど前からずっと祖母は眠ったままでした。
眠るように息を引き取るとか言いますが、その日の祖母は本当に眠ったまま、静かに息を引き取っていきました。
私はただそばで、だんだんと細く弱くなっていくなっていく祖母の呼吸を見つめていることしかできませんでした。
手を握るでもなく、祖母の名を呼ぶでもなく、ただじっと祖母を見つめているだけでした。

祖母は私をずっと励まし、支えてくれました。
けど私は祖母に甘えているばかりで、祖母に何かしてあげられていたのだろうか、もっといろいろできることがあったんではないかと、思い悩んでしまいます。

もし、祖母が生きていてそんな疑問を投げかければなんと言うか。
祖母の性格はよく知っているので、答えも大体予想はつきます。

そしてよく祖母は私に『前向きに生きていれば、つらいことがあっても楽しい人生が送れる』と言っていました。
祖母のこの言葉がいまの私の根源です。

なので、前向きに考えた結果、できなかったこと、してあげたかったことは、祖母の分も祖父にしてあげようと思っております。
祖父も祖母が亡くなってから、少なからず元気がなくなっているような気がしますので。

ただ両親に対して、この気持ちがもてるかどうかは疑問ですが。
こんな風に考えてしまう私はやっぱり前向きではないのかな。
まぁとりあえず前向きに努力はしてみます。


はぁ、なんかいろいろ書いて結構すっきりした。

冒頭でも書いたとおりなんかめちゃくちゃな文になってますが、こんなものにお付き合いくださった方、ありがとうございました。
あんまり読んで楽しいものでもなかったと思いますが。

まぁリネ内であたしがおかしかったらこんな理由があったと思っておいてくださいな。
多分大丈夫とおもいますが@@

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2人とも暖かいコメントありがとう(*>_<)
今朝仏壇の前でもう1度誓いを立てました。
おかげで大分落ち着きました。
てことでこれからもポジティブに(* ̄0 ̄)/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。